アトリエコルト

お知らせ

親と子のアート第1期最終回…からの

2018/12/21

月に2回、3ヶ月の6回コースを試みて、初めての最終回を迎えました。

親も子も私も少しの緊張からスタートしました。

緊張よりも初めての絵の具に夢中になる人、変なお題(笑)に戸惑う大人、始まってしまえば楽しくてあっという間に過ぎて行きました。

6回の中でAちゃんとKちゃんの間に段々と信頼と友情が生まれ育まれていったように思います。大好きな作品鑑賞に誘い、私にはもうわからなくなってしまった言葉で指差しながら語りかけたり…

慎重に周りを見て、「こうしたい」よりも戸惑いを表しつつも何となく描いた作品がおうちに飾られ、家族との会話もある中で、時間をかけてアトリエへの信用度や画材への安心感、やってみても大丈夫そう、伝えてみようという姿勢に変化して行ったのではないかと思っています。

連続した6回ではなく、2週間に一回のペース。小さい人にはどうなのかな?と思ったけれど、アトリエに来ない間も何かが続いて行った結果の変化だったのかもしれない。お母さんの様子やご家族との会話などがそこにはあるのかな…

最終日、真剣な眼差しで石に描くAちゃん、少し描きつつ、どちらかというと画材やAちゃんが描いた石を並べる事に夢中になったKちゃんの姿に、そんな思いを巡らせました。

そして初めて自分から「出来た!」と言ったときの確かさは大人と子供という関係性を超え、ドシンとした存在感のある、一人の人でした。

でもね。やっぱりエンジンがかかるまでの時間が結構必要。段々片付け始めてお茶など出して、雑談がBGMになる頃、やる気満々になる。

なので、外に出てテーマを感じ、ランチタイムを挟みながら制作の時間も取るというロングバージョンを企画します!

この企画、参加してくださったお母さんたちからやりたいと伝えてくださって実現します!何という幸せ!

企画内容は別途告知します。

楽しみです。

1月9日からは第2期募集中です。

気になる方はお気軽にお問い合わせください〜^_^