アトリエコルト

お知らせ

静と動と行ったり来たりと

2018/11/19

8歳と4人、7歳1人、6歳1人、5歳1人。

8歳と7歳の5人は久しぶりの対面でもあり、大騒ぎ。なんだか体中使って声も大きくはしゃいでる。大声で笑い楽しそう。大人の話し声がかき消されるほど。

そんな中、6歳のTくんは黙々と自分のペースで制作。手始めにグルーガン、温めつつ絵の具で色水入りの瓶を2つ作り、その後は珍しく紙とテープとペンで小さめの作品を作り集中。

大騒ぎの中のYくんは「重曹やりたい」とか「ワイヤー使いたい」などと大騒ぎも楽しいし作りたいしと揺れ動き、時々制作の方にやってきては大騒ぎの中に戻っていく。

そんな中大人達に石膏を提案してみました。

大人達が集中し始めるとやりたくなったYくん。

粘土を渡してやってみます。

新しい素材にも動じる事なく自分の制作を続けるTくん。

大騒ぎの中、静かに漫画を読み耽る人も…

無理に誘う事もなく、やりたくなったら自分で始める。続けたかったら続ける。辞めたかったらやめる。揺れ動く時は揺れ動く。

当たり前のような気もするけれど、実際子どものいる世界には中々無いのかもしれないな。大人もかな。自分がどうしたいのか、

あ、石膏もとても面白かった〜 大人は大人で楽しめた日でした。